法人ガソリンカードとは?

法人ガソリンカードとは?

ガソリンスタンドでお得になるカードとして注目されているのが、法人クレジットカードです。
ガソリン代が安くできるならば、車を多く利用する企業にとって、大きく経営改善ができます。
ガソリン代のコストを問題視している経営者の人は参考にしていただき、経費節減をしてください。参考になる情報が満載です。
 
法人向けのクレジットカードには幾つかの種類がありますが、ガソリンに特化したものが「法人ガソリンカード」です。
特徴を一口に言えば、通常よりもお得にガソリンを給油できるメリットが多いクレジットカードです。
 
法人ガソリンカードには、クレジット機能が搭載されているタイプと、単純にガソリン料金の引き落としにしか利用できないクレジット機能が
搭載されていないカードがあります。
お得な方はクレジット機能付きの法人ガソリンカードです。ガソリン以外にも特典が多いからです。
 
クレジット機能が搭載されている法人ガソリンカードは、現金決済と比較するとガソリン代金の負担が軽減されます。
結果的に経費削減できますので、経営環境が良くなります。事務処理の負担が軽減できますし、経費管理の側面からみると簡便化できます。
 
一般的な法人向けのクレジットカードと違うポイントは、各社違いがあります。
共通して言えるのは、法人クレジットカード機能にプラスして、ガソリン代が安くなる特典がついていることでしょう。
 
では、クレジット機能が搭載されている法人ガソリンカードとクレジット機能が搭載されていない法人ガソリンカードの違いを整理しておきましょう。
 
■クレジット機能が搭載されている法人ガソリンカード
ガソリンスタンドを運営している企業とクレジットカード会社が提携して発行しているタイプのガソリンカードです。
年会費が無料になっているものもあります。提携しているカードブランドやガソリンスタンドによって年会費やサービス内容が違います。
 
■クレジット機能が搭載されていない法人ガソリンカード
こちらのほうは一般的なクレジットカードではありません。
ガソリン給油専用の決済カードになっています。ETC共同組合など「共同組合」から発行されるタイプが多いです。
クレジットカード機能がありませんから、与信を確認するための審査もないです。年会費やカード発行手数料も無料な場合が多いです。
 
クレジット機能が搭載されている法人クレジットカードとは違って、値引きが大幅であったり特典がいろいろあったりはしません。
そして、ETC共同組合の場合は、出資金が10,000円必要になります。これはデポジットですから、組合を退会するときに返金してもらえます。
 
クレジット機能付きのガソリンカードと、最も大きく違うポイントは、登録されている車両に限定してだけ使えることでしょう。
こういったことから、社員がプライベートでガソリンを給油するような間違いが起こることもありません。
ガソリンの価格も全国平均価格から毎月月末に算出されます。経費の削減も楽にできるでしょう。
 
しかし、メリットだけではありません。
クレジット機能が付いている法人ガソリンカードと比べるとガソリン価格の割引率も低く、サービス面での魅力も少ないです。
法人クレジットカードの審査にパスしないとか、車両毎にガソリンカードを作りたいなどの条件があれば、
クレジットカード機能がないガソリンカードが選択肢になるでしょう。

法人 ガソリン

法人 ガソリンカード